ネジ抜け兎小屋

ゲーム関係の記事等を載せています。
ネジ抜け兎小屋 TOP  >  未分類 >  【動画】ヴォージャン嵐斧餓事場5ラス

【動画】ヴォージャン嵐斧餓事場5ラス


雌伏付けてヴォージャンに挑戦してきました。
雌伏の体感どうこう以前に、デンプシーが害悪技すぎてそれどころじゃなかったです。
せっかくなので個人的にまとめた、デンプシー対策用のスクショいっぱいあげときます。

以下続きを読むから


さてデンプシーですが、皆様はどういった回避方法をとっているでしょうか?
斧の横ステップ2回では、場合によって回避可能か不可かわかれるので非常にキツイです。

●ハンターが時計まわりに回避する時
動画では早めに正面から移動して、デンプシー2発目の左パンチに併せて回避してます。
デンプシー1発目の右パンチは、位置取りで回避します。
デンプシーが始まる前に正面から距離をとらないと、左パンチによる地面の爆発範囲から逃げることが出来ません。

もし、軸合わせ振り向きに1発攻撃をいれた後、左ステップを2回入力した場合も、爆発範囲に捉えられるので基本的に回避できなかったです。
基本的、というのは、デンプシー開始時にハンターが右側にいた場合、ホーミングの関係で回避することが可能になるからです。

↓これが振り向き頭に1発攻撃入れた後、回避が成立する時計まわりのパターン
上の状態から左ステ2回いれただけですが、ヴォーが逆側ホーミングしたおかげで距離が大きく離れてるのがわかります。
071601

なので、ヴォーの鼻先左側にいた場合は、横ステ回避はだめそうです。
ただその位置からなら、デンプシー開始で空いた懐にとびこんで、ヴォージャンの右後ろに抜けられれば回避することができます。
071602
腕が上がってからじゃないと引っかかってダメだと思います。鼻先右側から前に回避するのも、爆発にモロにヒットするのでダメす。
早いタイミングの回避入力で、左ステ→前回避でも回避できましたが、即座にステップからコロリンに繋げられるわけじゃないので、ちょっと狙ってやるのはつらそうかなあ

●ハンターが反時計まわりに回避する時
動画では、このパターンのときも早めに正面から移動してます。デンプシー2発目の左パンチを歩き等位置取りで回避した後、地面の爆発判定に沿うように右にコロリンで距離を取ると回避できます。
この時の爆発範囲から離れすぎると、ホーミングしてきた3発目の右パンチ爆発に被弾します。

回避距離(纏雷でもいい)が発動してる状態からなら、振り向きの頭に1発きってからでも2連右ステで回避できます。
071603
画像の距離感ならホーミングされても当たりません。
この回避方法メインに添えればもっと手数出るんじゃないかなと思いますが、餓狼だとシビアで安定しないです。
1発目と3発目の爆発範囲の隙間にピッタリ入らないといけないので。
餓狼じゃなければ、3発目の爆発をコロリン回避するスタミナがあるので安定度が増すと思います。

●正面から突破する場合
まずは回避するパターン。
右上→右下→左上→左下、のコマ順です。
071604
パンチを位置取りで回避して、爆発をフレーム回避すれば回避できます。
逆にパンチをフレーム回避して、爆発を位置取りで回避しても良い筈ですが、爆発の判定に触れないように回避するのは大変だと思います。

次はガードするパターン
071605
爆発を位置取りで回避して、パンチをガードで凌ぐ。

どちらのパターンにもいえまずが、正面から突っ込むのは難しく安定しないため避けました。
サイズによって隙間もかわってくるし、パターン化した動きで対応できないのは辛いです。
でももっとやりこめば、ガードパターンが一番良い策になるかも……爆発の範囲さえ安定して見きれるようになれば、ガード連打した後コロリン回避で反射当て逃げできそうですから。

デンプシーのスクショは以上でしょうか。
しかしビックリするほどクソ技です。高難度と理不尽を履き違えた技のいい見本だと思います。
強い良技というのは、威力が大きく範囲も広いが、覚えれば爽快に回避することができるようになる技であると思います。
この技はどうでしょうか。この技にはひたすら警戒して、事前の動きを対応させていけないとなりません。おかげで正面からはチマチマとしか攻撃できずストレスが貯まります。加えて、技を出した後も大きな隙が有るわけでは無い。
とにかくどっと疲れました。

●その他の攻撃について
嵐斧の場合、ほかにも気をつけてないといけない技は数点ありました。

まず尻尾一回転は、当たり判定がおかしく、ヴォージャンと正対していても背中を向けてガードしないといけません。

尻尾振りには判定が複数あります。

炎の輪くぐりは、距離を離していれば、爆発+本体を連続ガードで処理できますが、近距離だとガード入力が追いつかず被弾します。

即死コンボは、ガード可能ですが、位置によって対応がガバガバになります。なぜかガードをうけつけて貰えず打ち上げを貰うこともあれば、多段hit判定がでたこともありました。おまけに、滑空後の床ドンにも判定があるので、ガード成功で油断していると床ドンで死にます。ガードを殺すためのモーションでしょうか?^^;;; 雌伏とか登場させてガード推ししながらも、数々の理不尽なガード判定に白目剥き剥きです。
なので反時計回りに回避するのが安心だと思います。

●まとめ
文句言いましたが、あのラージャンの改造と思えば良い出来だと思います。
ゴリラのイメージ的に火はありますし、ちゃんと攻撃機会を確保できる技もいくつか使ってくるので、ラージャンよりは戦ってて楽しいと思いました。

スポンサーサイト
[ 2016/07/16 22:08 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ別目次
MHFプレイ記事一覧
動画集
MHF検討一覧
趣味のページ
ツイッター

リンク
団関係の更新は、基本的にホームページで行います。  
プロフィール

ネジ抜け兎

Author:ネジ抜け兎
●読書・ゲーム・イラストが趣味。
作家は山本弘、イラストレーターはタカヤマトシアキ・黒銀さん等が好き。
ゲームは主にsteamで遊んでます。

●MHFについて~
引退しました。
BLAZING-STARSの元団長でEJ勢です。動画投稿もしてます。
念のため言っておくと男です。本家では名前のせいで恐ろしいことになりました。
かわいい兎ちゃんです。嘘です。語尾にぴょんは付けません。
団活動で忙しいのでなかなか個人ブログは更新できません。
足跡機能OFFです。